« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月22日 (水)

Lucida練・06.03.19

風が強かったです…。
そんな風にめげず、WBCの日本-韓国戦の中継も気にしつつ(^_^;)、練習でした。
------------------------------------------------------
練習内容は…、

①次回(4/8)菊地先生レッスンで見て頂こうと
H.Genzmer「Divertimennto di danza」
を全体で一通り弾く。
今回の練習参加メンバーは、皆引き込み不足でイマイチ(ーー;)。4/8までにきちんとした譜読み必須と結論。

②各パートに別れ、先日のレッスンで見て頂いた
J.PACHELBEL「CHACONNE for string orchestra E-moll」

W.A.MOZART「Divertimento F-dur K.138」
を練習。

2ndは、まずパッヘルベルを練習(パートリーダーT先輩からのメモを基本として、各自拾ったポイントを再整理しつつ、細かなポジションの確認を行う)。その後、モーツァルトを一通り練習しました。
VaとVc&Cbも、それぞれパッヘルベルとモーツァルトのポイント整理とポジション確認をしていた様子。
1stは、パッヘルベルの例の(^_^;)高音部をひたすら練習していた様子でした。

③再び全体練習。
まずはパッヘルベル。3/11レッスンでのアドバイスを元に、実際に弾いていて問題に感じた箇所を取り出して、改善策を話し合いながら弾き込みました。
かなり良くなったのでは?と個人的には感じました。

モーツァルトは時間切れにて弾かずで、練習終了となりました。
------------------------------------------------------
4/8の菊地先生レッスンでは、
・ゲンツマーを見て頂く。
・モーツァルトはレッスン毎に絶対弾いて、常にアドバイスをもらうことにする。だから4/8も弾く。
・折角詰めてみたのだし、パッヘルベルも見て頂く。
と言う事になりました。

ゲンツマーは、ある程度弾けるレベルにしていないと、レッスン内容のレベルが下がってしまうので、要事前練習です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月12日 (日)

Lucida練・06.03.11

とても春めいた陽気の中、気持ち良く??練習しました。

06
画像は大学前を流れる元荒川。川沿いの桜ももうすぐ開花で楽しみ(^^♪。
------------------------------------------------------
練習内容は…、

まずは、演奏会候補曲最後の曲を決めるべく
G.Holst「ブルックグリーン組曲」
を初見。

次に
J.PACHELBEL「CHACONNE for string orchestra E-moll」
をじっくりと?練習しました。
むぅ…、とても濃い練習に感じました。
19日の団員練で少しでもレベル向上出来ている様、きちんと整理して自分の中に取り込むべく個人練します(^_^;)。

最後にさらっと
W.A.MOZART「Divertimento F-dur K.138」
を通しましたが、こちらはまだまだ課題山積でした…。
------------------------------------------------------
演奏会まで気がつけばそれ程練習日程も残されていません。
今まで以上に密度の濃い練習になる様にしていって、少しでも良い演奏会になれば、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年3月 8日 (水)

スピネット

ふとした考えを口にした所から、正にとんとん拍子で話が進んだので、勢いでこちらを買わせて頂きました(^^♪。

06

いや、いい感じです(^_^)v。

06

菊地先生並びに東京古典楽器センターの皆様、ありがとうございました。

我が家で大事に使わせて頂きます。

これを機に、鍵盤楽器も弾けるように練習してみるかな(^_^;)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »